大学1〜2年生の割合がほとんどの塾のアルバイト

ぜひおすすめするアルバイト 学習塾の先生は、有名進学塾の先生がテレビなどに出る機会が増えた事から脚光を浴びています。塾の講師はほとんどの場合アルバイトが行っています。アルバイトは大学生で、特に1〜2年生の割合が高いです。塾は学生をアルバイトとして雇うのは親近感という点が理由にあげられます。大学1〜2年生の場合には生徒との年齢が近く、生徒側は年齢が離れた先生よりも親しみを持ちやすい点です。

親しみやすい先生と勉強だけでなく、進路なども相談しやすいだけでなく、雑談も世代が近いので話しやすいのでより親近感を感じる事ができます。受験を終えてから日数が経っていない大学1〜2年生なので実体験を生徒に伝える事ができます。

塾の講師のアルバイトは時給の高い職種で、週1日〜でもシフトを組む事ができるので働きやすいです。今まで学ぶ立場から教える立場になる事によって、将来教師を目指している学生の場合には就職活動をする時に役立つ可能性もあります。塾講師の場合には、少人数制の個別指導やクラスを受け持つ集団指導があり、自分のスタイルに合った指導方法から生徒を導く事によって生徒だけでなく自分のスキルアップもする事ができます。未経験でもはじめやすく、コミュニケーション能力が身に付きます。